暦の上では、すでに秋・・・


体温超えの日々から、一気に10℃も低い日々を繰り返している今年の夏ですが、
立秋に入ってからの朝晩は、何となく涼しくなったように感じます。
この春産まれたスズメやシジュウカラたちも換羽の栄養補給の為に忙しそうに餌探しをしています。

スズメ2羽
スズメ4羽
いよいよ換羽が本格化
巣立ち後数ヶ月、子スズメたちも親鳥と見分けがつかないくらいに成長。
換羽と共に幼い表情が消え、すっかりスズメらしくなりました。
換羽の時は特に栄養が必要なため、暑い中でも皆んな餌探しに必死です。
シジュウカラミカン
シジュウカラも換羽の最中
最近数羽で庭にやって来るシジュウカラの巣立ち雛たちも
換羽が始まったらしく、とても複雑な状態の色合いになっています。
シジュウカラ虫ゲット
この日も枝のあちこちをくまなく探し回っていました。
暫く経ってようやく足下にある黄色っぽい大きなサナギらしきものをゲット、
葉影に持ち込んで一心不乱についばんでいました。
シジュウカラレンガ
一瞬レタッチに失敗した様な姿に見えますが、実は無修正。
この春に産まれた野鳥たちは8月頃から本格的な換羽が始まるので、
種類によっては何なのか判らなくなる程みすぼらしくなっているのもいます。
ちなみに、スズメやメジロなど少数は生後1年未満で全身換羽が終了。
他の多くは二度目の春や秋の換羽で、完全換羽が終了します。