エンジョイ散歩

夏場の工房では、スズメとカオジロガビチョウ以外の野鳥を目にすることはほとんどありませんが、
3〜5kmの散歩コースでは、ほぼ毎日猛禽やサギ類など何かしらの野鳥たちに出会えます。
今回は散歩途中にお会いする方のお庭に招かれ、優雅に咲く古代蓮の花を楽しませてもらいました。

目の前にコジュケイ親子

コジュケイ雛
コジュケイの雛
ウォーキングは沢あり谷あり屋敷森あり、学校、病院、工業団地ありと、変化に富んだ田園風
景の中を歩きます。 コースにはずっと以前からハヤブサが営巣する高圧鉄塔やオオタカの営巣
地もあり、カケスなど多くの野鳥が観られます。この日は道路を横切る5羽の子どもを連れた
コジュケイ親子に出会いましたが、すぐに道路脇のブッシュの中へ姿を消してしまいました。

タイムスリップ

蓮池
大賀蓮
大賀蓮3
水蓮
大賀蓮と水蓮
散歩の途中、隣町のSさんのお宅にお邪魔して庭の蓮池を見せて頂きました。ハス池は大小
数個あり、丁度オウガハス(2000年前の蓮:古代蓮)の花が咲き始めていました。メダカ
やカメの優雅な姿とあいまって、しばし時を忘れ心洗われる時間を過ごさせて頂きました。

息づく稀少な自然

クワガタ2
クワガタ
天然クワガタが集まる木
またコース上には、毎年天然のクワガタが樹液を舐めに集まる大きなクヌギの木が2本あり、
周辺に住む子どもたちがお爺ちゃんと一緒にクワガタ採りを楽しむ姿が見られます。先日ちょ
っと覗いてみると、ノコギリ8匹、コクワ1匹がコガネムシやハチと樹液を舐めていました。
ちなみに、比較的好環境の工房周辺でも、蛍が見られたのは15年くらい前が最後だそうです。

前の記事

庭も夏本番

次の記事

真夏のガーデン