Spring has come


一気に夏日となった3月14日・・この日はモンシロチョウやテントウムシなどの初認が続きました。
周辺に点在する梅の木もほぼ満開、沢山のメジロが花蜜を吸いに集まっていました。

スイセン黄
スイセン白
スイセンが咲き始めました
夏日となった朝、東の庭の擁壁沿いに植えてある2種類のスイセンが
咲き始めました。工房に本格的な春の訪れを知らせてくれる最初の花です。
テントウムシ
ナナホシも目覚めたばかり
擁壁のフェンスでは冬眠から目覚めたばかりのテントウムシが
陽当たりの好い場所を選んで、目一杯春の陽射しを満喫していました。
クビキリギス
クビキリギスも覚醒
以前フリーズしていた場所から急に姿を消し
行方不明状態だった越冬するバッタ(クビキリギス)が
真夏日の14日、高さ6mの天井で一週間ぶりに見つかりました。
いよいよ5ヶ月ぶりに活動を開始したようです。
ホトケノザ
ホトケノザの絨毯
冬枯れでモノトーン一色だった工房周辺の畑地が
いま色鮮やかなピンクの絨毯に変身、少し遠目で眺めると更に鮮やかです。
福寿草
畑には福寿草も
同じく近くには沢山の福寿草が咲く畑もありました。
ムギ畑
麦畑
今では高齢化によって少なくなったとの事ですが
「高崎うどん」用のブランド小麦や飼料用の小麦を栽培している畑も点在。
昔なつかしい一家総出の「麦踏み」の光景もいまだ健在です。