久々に聞くツクツクボウシの声


工房周辺にも次々と住宅が建ち並び、キリギリスの声とタヌキの姿はすっかり消滅。
コオロギとスズムシも風前の灯か?・・・そんな中、久々に耳に届いたツクツクボウシの声。
そう言えば、2000年を境に色々な空気が目に見えて変わった気がします。

アキアカネ
シオカラトンボ
アキアカネとシオカラトンボ
いま庭では、高崎の街を背景にアキアカネが大量乱舞しています。

両方とも頻繁に妻園にやって来て、羽根を休めています。
妻園収穫
夏野菜の収穫が順調です
駐車場脇の妻園で穫れた夏野菜です、右端は初穫りの秋キュウリです。
この夏もゴーヤの佃煮で猛暑を乗り切るつもりです。
ボレロ
ワルツ
収穫間近
教室の南の庭にあるバレリーナツリー、ボレロとワルツです。
上のボレロは淡い赤色になれば完熟。
下のワルツは赤黒味を帯びたら収穫し、1ヶ月追熟すると甘くなるとか?
やはり、基本的にはジャムか観賞向きのようです。
キアゲハ
キアゲハ
ゆらゆら揺れる長咲きのサンジャクベーバナの蜜は、
キアゲハが大好きらしく、多いときには同時に4頭がやって来ます。
スズメガ
ハチドリ
今年も工房の庭にハチドリがやって来た?
子どもの頃、近所のおじさんにハチドリだと教えられたせいか
何度見てもいまだにハチドリにしか見えない。
姿・形・ホバリング飛行のすべてが、ハチドリそのもの。
自分的にはスズメガでなく、このままハチドリで行こうと思っています。
蜂屋
蜂屋柿が豊作?
去年たった1個しか穫れなかった蜂屋柿が、今年は3〜40個生っています。
この後、収穫までに幾つ残るか心配ですが
北の窓の外に干し柿を吊そうと今から勝手に思っています。