餌台が賑やかです


餌台設置から1ヶ月、ようやく慣れてきたらしく日々沢山の野鳥たちがやって来る様になりました。
これから冬鳥が渡去する4月頃まで「庭に来る野鳥たち」を紹介して行こうと思います。
拙い写真ですが、この一年もご鑑笑いただければ幸いに存じます。

シジュウカララード
メジとシジュウ
みんなラードが大好き
教室の窓から観える南の庭の餌台にはヒマワリや皮付き粒餌、また周辺の木々の
枝には日の出と共にやってくる野鳥たち用に前夜からラードを付けてやっていま
す。脂肪分不足の冬の間のエネルギー原にはチューブ入りのラードが最適です。
シジュウイラガ
イラガの繭の取り残しもそろそろ終了?
前回取り残してしまった電気虫の繭殻もシジュウカラにかかっては逃れようがあ

りません。ツルツルした硬い殻を諦める事なく突ついた末中身をゲットします。
ホオジロ
ホオジロもやって来ました
「庭に餌台があるよ」・・とスズメたちが教えたのか、先日2羽のホオジロが庭

の枝に飛来して餌台の様子を眺めていました。いつ降りてくるか楽しみです。
ハヤブサ
今年も通年ハヤブサが観られました
工房の南西に連なる高圧線鉄塔にはずっと以前からハヤブサが棲んでいます。い

つも軽く100m以上ある鉄塔の天辺にいるため、写真を撮るだけでも難儀です。
相変わらずカラスたちとバトルを繰り返しながらナワバリを守り続けています。