天地調整ヤマセミ

伝統の在来技法による
彫刻刀でつくる手彫りのバードカービングです

どなたにも気軽に取り組めるよう、すべてがシンプル。

ヤマダテルオのバードカービングは
必要最小限のツールでつくるオリジナルの手づくり技法です。
電動工具といえるのは、足の制作とセッティング時に使用する電気ドリルと半田ゴテくらい。
ノコギリやナイフも使いますが、制作のほとんどは9ミリの平刀1本で行います。
専用の電動工具や吸塵機、防塵マスク、保護メガネなども一切不要。
BGMが流れる静かでクリーンな環境でジックリと個々のペースで学べます。

主宰
主宰:ヤマダテルオ
アシスタント
アシスタント:やまだしげみ
生原工房全景
2011年のスタジオ新設の際には広々とした環境と交通アクセスを重視しました
敷地約800㎡=建物:約100㎡/駐車場2ヶ所:約450㎡/庭:約250㎡の南北に80mのウナギの寝所です。

スタジオ周りの環境も大分変わりましたが、南面が開けた解放感たっぷりの田園風景は今も健在です。
高崎・前橋・渋川・安中方面への交通アクセスも良好な「大人の隠れ家」として手づくりライフを楽しんでいます。
レッスン風景
レッスンは和気藹々
個々のペースに合わせてじっくり
とバードカービングが学べます。
作業工程
使う道具は必要最小限
図面の写しからワンステップずつ
制作手順に沿って進めます。
NHK小さな旅
NHK(小さな旅)、GTV(リーダーズアイ) 他、新聞雑誌ラジオなど多く
のメディアでご 紹介戴きました。
ピンクセージ
工房は果樹やハーブをはじめ
四季を通して色とりどりの沢山の
花々に囲まれています。
切り出し完成
東南アジア産の
ジェルトン材を素材に、
全工程手づくりで仕上げます。
宮崎BC展
宮崎県他の作品展に
招待作家として作品を出陳。
P:宮崎科学技術館で開催時の案内
メジロ5羽
工房では年間約20種類の
野鳥たちが窓越しに観られます。
P:冬の庭にやって来るメジロたち
CGカービング展
高崎では1995年以来
数々のテーマで
バードカービング展を開催。
館林特別企画展
県内外の博物館や美術館の企画展
等にバードカービングを展示。
P:群馬県立館林美術館企画展冊子


2000〜2010年までは高崎の下佐野町のこんな場所で工房を開設していました

下佐野工房タンポポ
約1,500㎡の森に囲まれた工房の脇には湧水が流れ、
オオルリやコムクドリ、サンショウクイ、カワセミ、ニューナイスズメ、ヒレンジャク、コチョウゲンボウ等、
年間100種近くの野鳥たちが飛来する極めて稀な場所でしたが、
その後の河川工事に伴うグリーンべルトの消滅と、宅地開発によって野鳥たちの飛来数が激減。
周辺環境も一変したため、10年をもって止むなく工房を閉鎖する運びとなりました。

下佐野工房全景
ヤマザクラや ケヤキ、カエデ、
ムク、クロモジ、アカシヤ等
40種類以上の樹木がありました。
2〜3羽でやって来るカケスには
ピーナッツのレイを作って
アカシアに巻いてやりました。
トラツグミ
小川の流れる竹林沿いの裏庭は
ニホンミツバチや野鳥たちの
棲息地であり、憩いの場でした。
イカル
イカルはニュウナイスズメ達と
アカシアの実を採食しに、
時々は庭にも降りて来ました。
アオゲラ
アオゲラやアカゲラ、カケスは
複数で、シメなどは数十羽。
キジは子連れでやって来ました。
シロハラ
冬の間は常にいたシロハラは
リンゴが大好き
毎朝昼半分づつを用意しました。