5月の完成作


今月の完成作はウォッチングでも小さ過ぎて見つけるのが難しいキクイタダキと
ベレーボーを被った様に見える可愛いコガラ。
そして、いま人気絶頂の北海道のシマエナガ・・
今年は関東でも観察され、新種のチバエナガ?としてカメラマンの間でヒートアップしたそうです。

キクイタダキ
キクイタダキ/月曜クラス/金子 T.(前橋)レッスン歴:17年
ヤブサメ、エナガ、ミソサザイに並ぶ日本最小の一羽。
嘴の先〜尾羽の端までの寸法が9〜10㎝、
メジロが12㎝と聞くと、いかに小さいかが解ります。
こんなに小さくても初列風切9枚・次列風切6枚三列風切3枚・尾羽12枚・・
約3倍大きいヒヨドリの羽の枚数と変わらず同じ枚数です。
したがって小さい鳥ほど、彫りと塗りにより繊細な作業が要求されるため
難易度の高いモチーフであるキクイタダキですが、
特徴を捉えた、とても雰囲気のある好い作品に仕上がったと思います。
コガラ
コガラ/土曜クラス/梅山 M.(高崎)レッスン歴:5年
歳のせいかすかっり視力の衰えを感じているので、
最近は比較的細かな作業をせずに済む色合いの鳥を薦めてもらっています。
それでもついつい息を止めて没頭してしまうため、
先生から「呼吸を忘れてますよ〜」と、時々指摘されます。
完成作の飾り付けは女房が担当し、私が手作りしたケースに陳列します。
バードカービングを始めた事を一番喜んでいるのは、神奈川に住んでいる娘。
「本当に好い趣味を持てた!!」と、いつも応援してくれています。
これからも無理をせず体に気をつけながら楽しもうと思っています。
あまり好きではないお酒ですが、完成作を眺めながらの一杯は格別です。
シマエナガ
シマエナガ/金曜クラス/大井 M.(吉岡)レッスン歴:9年
この冬、レンジャク詣はまったくのスカ・・
おまけに、振り向きざまチャリンコでコケ、散々でした。
挙句はコンビニのスイーツにすっかりハマり、抜け出せないでいる毎日で〜す。
でも巷で人気、憧れのシマエナガちゃん! ゲットだぜ!!〜〜。
最初は「まん丸バージョン」でと思ったけど
ついつい自分に似た「ほっそりバージョン」へと手が動いてしまいました。
Gさんまっしぐら シマエナガ 頑張りました〜(5才)。
ブローチ
V i c