ガビチョウ恐るべし、電気虫も丸呑み!?

野鳥たちに感謝

猛暑の中で頑張っている果樹や妻園の野菜たちですが、梅雨明け後の強烈な陽射しで流石に少々バテ
始めたようです。そんな中でも常連の野鳥たちはほぼ毎日やって来て、枝間を飛び回りながら害虫退
治をしてくれています。 中でも柿とジューンベリーに取り残した電気虫を平然と食べてくれるカオジ
ロガビチョウには、驚きとともに只々感謝です。

カオジロガビチョウ
カオジロ電気虫
電気虫を食べるカオジロガビチョウ
毎年羽化直後、葉の縁に並んでいる状態で葉ごと処理しているイラガの幼虫ですが、全部は駆
除できずいつも刺されないか注意していました。ところが、そんなイラガをカオジロガビチョ
ウが食べている光景に出会いました。最初は何を捕ったのか判らなかったのですが、双眼鏡で
覗くと、咥えているのは何と電気虫(イラガ)。見ているだけで痛そうな電気虫を何度か突いて
一気に丸呑み。のたうち回るのかと思いきや「まったく平然」、鳥能力には只々脱帽です・・
カワラヒワ
カワラヒワ
今年はウォーキング途中に沢山のヒマワリの花を目にしました。そんなヒマワリがそろそろ実
を付け始めたのか、工房の南庭のヒマワリにもカワラヒワが実付きの状態を確認に来ました。
スズメ
スズメも暑くて換羽かも?
庭に集まるスズメたちを見ると、換羽が始まったのかボサボサ状態なのが多く目につきます。
5月に親に連れられて来ていた子スズメたちも幼さがなくなり、すっかり一鳥前の顔付きにな
り仲間たちと行動を共にしています。巣立ち直後は猫にやられた子もいましたが今では周囲へ
の注意も万全。いち早く猫を発見すると、一斉に安全な場所へ逃げ込んで身を守っています。
モズ
モズが久々に飛来
しばらく姿を見せなかったモズが久しぶりに南の庭のリンゴの木にやって来ました。しっかり
した顔付きはしていますが、多分今年の春、近くのブッシュで生まれた幼鳥かも知れません。
蛾を捕まえて食べた後、木の中で1時間近くじっと何かを考えている様子で佇んでいました。

前の記事

真夏のガーデン