庭に来る野鳥たち

工房では、教室の窓越しに見える南の庭に12〜3月の冬の間だけ水場と餌台を設置し、
ミカンやリンゴ、ヒマワリ、皮付きシード、ジュース、ラード等を用意しています。
標高が約200mという事もあって種類は限られますが、定番のシジュウカラをはじめ
約20種の野鳥たちが飛来し、教室のみんなの貴重な資料となってくれています。

立ちっ子が可愛い

子スズメ
子スズメが飛来
5月も中旬、キビタキやオオルリなど夏鳥の渡来情報が相次ぐ中、 平地ではいち早くシジュウ
カラやムクドリの巣立ち雛の姿が見られるようになりました。工房にも花芽の付いた柿の木に
おぼつかない足取りの「立ちっ子」たちがやって来て、かわいい仕草を見せてくれています。
小スズメ親子
無事に巣立ちができた子スズメを見せに来たのか?、窓のすぐ近くまで来て中を覗いているの
で、思わず朝食の熱々ご飯を水に浸してあげたら、その後カーテンを開けるとすぐにやって来
るようになってしまいました。工房の東の庭は今、すっかりコンビニ付きの遊園地状態です。
ステイホーム
STAY HOMEも疲れたニャー
ズ〜ッとコモってるんで、何か体がこのポーズのまま固まってしまった様な気がするニャー。
目もうつろだし、力が入らない。・・「一体、こんな状態がいつまで続くんかニャー?」外で
元気に遊べる子スズメたちはいいな〜。3種混合ワクチンを2回打って外に出ようかニャー。

次の記事

今月の完成作