庭に来る野鳥たち



工房では、教室の窓越しに見える南の庭に12〜3月の冬の間だけ水場と餌台を設置し、
ミカンやリンゴ、ヒマワリ、皮付きシード、ジュース、ラード等を用意しています。
標高が約200mという事もあって観られる野鳥の種類は限られますが、定番のシジュウカラをはじめ
約20種類の野鳥たちが飛来し、レッスン中のみんなのライブ資料となってくれています。
また、工房と同時に周辺のウォーキングコースでのウォッチング情報も併記して行こうと思います。

イカルの群れ
数年おきに工房の東約10mにあるエノキの下にやって来る30羽以上のイカルの大群。
スズメ親子
スズメは通年観られます
カオジロ
通年いるカオジロガビチョウ
ジョウビタキ
冬の知らせはジョウビタキから
コサメビタキ
春と秋コサメビタキが通過します
コゲラ
コゲラは時々やってきます
モズ
ジョウビタキの雌と仲良しのモズ
キジ
少なくなりましたがキジもいます
シジュウカラ
冬の主役はシジュウカラです
ツグミ
毎年やって来るツグミ

次の記事

今月の完成作