コサメビタキ飛来も すぐに移動

隣地の造成工事により、今年のコサメビタキの飛来は半ば諦めてはいたものの
いつも9月の下旬頃に通過するので、10時前後を中心に周辺の鳥影に注意していたところ
22日、現場に工事車両が入る前に、お隣のニセアカシヤの枝に1羽のコサメが飛来。
例年のように境界にあるロープに降りはしましたが、餌場となっていた地面には土があるのみ・・。
何度かアカシヤとロープの間を往復していましたが、いつの間にか姿を消してしまいました。

コサメ木
コサメビタキ
渡り途中のコサメビタキが観られるのも今年が最後?
22日、工事車両が現場に入る前に1羽が入りましたが、落ち着けない様子。
いつもの木と違うせいか見づらい上にジッとしていてくれません。
ようやく撮れた1枚(上)もシルエットの状態でした。
下の写真は、これまで飛来した時のロープ止まりの写真です。
ちなみに昨年は同時に3羽など、複数回のコサメビタキが観られました。
スズメ伸び
白化スズメ
体色変異のスズメが飛来
いつの間にか、東の妻園のバジルに種が付いたと思っていたら
スズメの群れがそれを食べにやって来ました。
ふと見ると、その中に体の色が全て薄い一羽が混じっていました。
そう言えば、今年は変異個体の目撃情報が工房周辺でも多くありました。
中でも、近くの空地で撮ったと言う個体は全身が真っ白でした。
シジュウカラ
シジュウカラが害虫パトロール
半分以上葉を落としたバレリーナアップルに害虫がいると見えて
シジュウカラたちが定期的に巡回してくれています。
また数日前から、里に降りて来たカケスの姿を見掛ける様になりました。
ダイサギカナヘビ
ダイサギが工房周りから離れません
暫く前から餌台の南の畑で行動しているダイサギです。
この日も草地の中を行ったり来たり、・・ジッとしたと思った次の瞬間
鋭い嘴の先にはカナヘビが咥えられていました。
チョウゲンボウ
高圧鉄塔にチョウゲンボウ
いつもはハヤブサが止まっているウォーキングコースの鉄塔に
珍しくチョウゲンボウが止まっていました。
稲刈り前の、田んぼの下見をしているかのようでした。
VIC鳥
V I C 鳥